単価の低い商品はFBA送料に要注意

こんにちわ。

 

Amazon輸出の今井です。

 

Amazon輸出FBA出品での、最大の関門は送料だと思います。

 

日本から、アメリカのAmazon倉庫に送るまでに、日本とは比べ物にならないほど費用がかかります。

 

意外にも時間はそんなに変わりません。(3営業日あればだいたいFBA在庫に反映されます)

 

発送する際、小いさいものを、ダンボールに隙間に混載させて、このアメリカの倉庫までの送料を低くしようと考えている方は多いと思います。

 

1回の発送で、できるだけ詰められれば、送料は抑えられるので、このメインの商品の隙間に埋められるような小さいものリサーチしておくのは非常に有効だと思います。

 

ただ、気をつけていただきたい点があります。

 

小さい商品なので、アメリカの倉庫までのFBA納品は良いのですが、売れたときに、Amazon倉庫から、お客さんまでの送料。

 

これが結構かかります。せっかく隙間に詰めても、利益が吹き飛んでしまうような事もあります。

 

今日は、そういった事を防ぐ、Amazonが出している計算ツールのご紹介です。

 

まず、こちらにアクセス

https://sellercentral.amazon.com/gp/fba/revenue-calculator/index.html/ref=ag_xx_cont_xx?ie=UTF8&lang=en_US

スクリーンショット 2015-03-03 午前2.20.00

スクリーンショット 2015-03-03 午前2.20.05

スクリーンショット 2015-03-03 午前2.20.26

スクリーンショット 2015-03-03 午前2.20.40

 

このアミーボの場合、12.7ドルで売れましたが、手数料とFBA送料をのぞくと、手元に残るのは、7.73ドルです。

 

このように、単価の低いものは思ったより、手元に残らない事もあります。

 

特に、20ドル以下の商品を売る場合は、注意が必要です。

 

 

<<ブログの内容がお役に立てましたら、上のアイコンをクリック願います。>>

 

____________________________

■編集後記
____________________________

コンサル生のYさんの輸出の売り上げがあがっているようです。

近々、売り上げの証拠画像を強奪してきますので、しばらくお待ちください。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る