<<やはりFBAが有利なのか?>>

01

<<やはりFBAが有利なのか?>>

こんにちわ。アマゾン輸出の今井です

アマゾン輸出の永遠のテーマは、無在庫がいいのか、FBAがいいのか、という点かもしれません。

アマゾン輸出をやっていると、どちらの側の人にもお会いします。

そして、無在庫派、FBA派は、それぞれ自分がやっていない手法を羨ましがります。

FBA派の私も、やはり無在庫にロマンに近い憧れを抱いています。

メリットはそれぞれあります。

まず、無在庫は在庫リスクがなく、ビジネスができる事です。これは理想的ですね。

文字通り、売れてから商品を購入して、発送することができます。

売れるかどうか、わからない在庫を抱える必要がありません。

デメリットは、意外に手間がかかる事です。

まず出品数は、FBAと比べて、桁違いに多いです。

私の知っている方は、8万点とか20万点とか言っています。

もちろん、一つ一つ手作業で出品していると、何ヶ月もかかるので

大抵はツールで入れます。これがまた厄介で、データが一行ズレただけで大問題です。

かなり神経をつかう作業になります。(私のような細かい事が苦手な人にはちょっとキツいです)

また、売れた後に購入するのはいいのですが、日本でも品切れや、当初に値段が高騰している場合もあります。

その場合、赤字覚悟で仕入れるか、評価が下がる事を受け入れて、キャンセルするかです。

そして、それは少しづつアマゾン輸出からの退場への道を進む事になります。

FBAのメリットは、上記無在庫とは逆に、まとめて送るので面倒があまりないです。

デメリットはやはり在庫を抱える事でしょう。

いくらリサーチしても売れ残ってしまう物はあります。

最近は、FBAプレーヤーも多くなってきた為、出品者が多い商品は値下げ競争に巻き込まれる事もあります。

在庫を買う資金が、いきなり必要というところも、資金が少ない人には敬遠される要因です。

では、結局どちらがいいのでしょう?

私は、それぞれの性格や、メリット、デメリットを考慮して自分にあった方を選ぶのが良いと思います。

ただ、先日の飲み会でも、無在庫派の方々にお会いましたが

アマゾン側から見ると、無在庫派は嫌われているな、という印象です。

正直、FBAでやっていてアカウントを削除されるまでペナルティーを受けた方というのは聞いた事がありません。

アカウントを削除されたという、悲劇的な方は全てが無在庫派です。

そして、最近さらにアマゾンの無在庫排斥は強まっているように思えます。

アマゾンとしたら、キャンセルのリスクのある無在庫より

アマゾンの手元に商品を置いているFBA派の方が安心できるのは間違いないでしょう。

ご存知の通り、このビジネスはアマゾンが神様なので、神様のお気に召す方が良いかと思います。

 

____________________________

■編集後記
____________________________

ようやく暖かくなってきましたね。

1、2月で落ちた売上も、気温とともに上昇させていきたいものです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る