ヨーロッパAmazon輸出が難しい2つの理由

 

アマゾンヨーロッパが難しい理由

 

以前から、ヨーロッパアマゾンへのアマゾン輸出を考えていました。

Amazon.com アメリカアマゾンに比べて、格段に高く売れているのです。

そして、参入者が増え、価格競争が本格化してきたアメリカアマゾンに比べて
圧倒的にライバルも少ないのです。

こんなブルーオーシャンに参入しない手はないだろうと思って
いろいろと考えていました。

Underwater view of the sea surface

Underwater view of the sea surface

 

私の参入というのは、無在庫で販売するのではなく、FBAでがっつり売って、がっつり稼ごうという参入です。

現地の代行業者等とかなり交渉を重ね、現地の情報を集めましたが、結論から申し上げると非常に難しいです。

そこには、日本やアメリカに無いヨーロッパ独自の大きな壁が障害となっています。

Young confident businessman leaning on big question mark

Young confident businessman leaning on big question mark

一つは、VATという消費税です。付加価値税などと訳される事が多いのですが、販売業者はこれを支払う必要があります。

よく、無在庫でヨーロッパ輸出をしている方は、VATや関税がかかった場合、販売者がお支払いください、と書いていますが
トラブルが多く、評価を下げてしまうと言われています。

ただ、このVATに関してはかなり費用と手間はかかりますが、代行業者におねがいすればやってもらえます。

問題はもう一つの壁です。多くの日本企業は、ヨーロッパでの並行輸入を禁止しています。

販売できるのは独占販売契約を結んだ業者のみという事のようです。

知的財産権という考えが、日本やアメリカと比べて圧倒的に幅を利かせている為です。

もし、販売していると、いずれメーカーからアマゾンを通して警告が来ます。とうぜん、出品は取り下げ
何度か警告を受けるとアカウント自体の停止等もされるでしょう。

 

Sailor kid looking through the binoculars against blue sky background

Sailor kid looking through the binoculars against blue sky background

 

ということで、私はメジャーな商品をアマゾンヨーロッパで売るとういのは現実的に厳しいな、という結論に達しました。

    追記:ところが、この記事を書いた半年後、ヨーロッパアマゾンをやってみました。

 

 

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る