消費税が上がって得をするのはダレ?

こんにちは。アマゾン輸出の今井です。

いよいよ消費税が10%に上がりそうです。

景気の悪さを理由に2回延長されましたが、いよいよ本気で上げるようです。

就職率もよくなってきましたし、賃金も上がる方向です。

消費税をあげるのにも良いタイミングと判断されるのでしょう。

しかし、わずか2%消費税が上がるだけとはいえ、消費者にとっては値上げは嫌なモノです。

また、販売側も2%多く消費者から、お金をもらわなくてはいけないのもつらいモノです。

普通に考えたら、売上は落ちやすくなります。

消費者にとっても、販売者にとっても、消費税のアップはダメージがありますが

笑っていられるは、私たち輸出業者です。

消費税の還付金が8%から10%に上がるのです。

これで、ますます輸出をするメリットが大きくなります。

せどりや輸入をしている人が、消費税10%を納税しなくてはならないのに比べ

 

われわれ輸出業者は、逆に10%をもらえるのです。

利益率が10%だとしても、消費税の10%が還付されますので手元には20%近く残ります。

逆に輸入業者や国内転売で稼いでいる方は、10%消費税を納めなければいけないことを考えると

我々と同じ金額の利益を残す為には、30%程の利益率が必要になってきます。

30%の利益率・・・

転売でこれを稼ごうとするのは至難の業でしょう。

30%の利益率なら、国内転売なら中古を扱うしかないかな、と思いますが

検品、管理、写真撮影など手間がかなり増えていきます。

また利益率はいいモノの、回転率は悪く、中古は一点ものなのでリピート販売ができないというデメリットがあります。

輸入なら独占販売権をとるとか、OEMしかないでしょう。初心者には、かなりハードルの高い話になってきます。

輸出、とくにアマゾン輸出は楽なんですけどね・・

あのとき、全然稼げなかったという人も今一度チャレンジしてみるのも良いかもしれませんね。

 

『もう一度アマゾン輸出やってみようかな』、という方は、お気軽にご連絡ください。

メール:info@fukugyoumaster.com

何かのお役に立てると思います。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る