アマゾン輸出の今の現状はどうなのか?

こんにちは。アマゾン輸出の今井です。

 

以前、うちの発送代行を使ってくれていた方から最近アマゾン輸出の状況はどうですか?という質問を頂きました。

 

アマゾン輸出を再開しようか、迷っているとのことで、せっかくなのでSKYPEでいろいろ話をしました。

 

ちなみにその方、多くの人が知っているある海外メーカーの日本でのオンライン販売を任されつつあるというすごい人です。

 

(そっちのビジネスが軌道にのるまで、アマゾン輸出を再開しようかと考えているようです)

 

なぜ、そんな幸運に恵まれたかとうと、輸入でそのメーカーの商品を仕入れていてお声がかかったそうです。

 

幸運を呼び込むのは常に、誠実にビジネスをしている人だと思いましたね。

 

上手くいくととんでもない金額が動くようです。(十分可能性はあります)

 

さて、今のアマゾン輸出の現状ですが日本人セラーが少なくなり、以前より価格競争が減ったというのが最大のポイントです。

 

私の体感では日本人のセラーが1/10くらいになったんじゃないかと思います。

 

前述の方も、2016年の1月頃にアマゾン輸出を休止していますが

 

2014-2015年が初心者参入のピークだったように思えます。

 

副業系の雑誌等にもとりあげられ(私も一度 Big tomorrowに載せてもらった)アマゾン輸出の一大ブームとなりました。

 

その頃、2014年後半あたりから、為替は円安に向かい、120円前後の『円安』で非常に利益が出しやすい環境でした。

 

ただ、それにも関わらず多くの初心者セラーは思うように稼げなかったようです。

 

同じ商品に群がり、あっという間に価格競争になったからです。

 

一商品を100人以上のセラーが売っているというようなケースも多々ありました。

 

待ちきれなくて一人が価格を下げると、あっという間に価格が崩壊します。

 

もう少し、戦略を立てるなり、工夫をするなりすれば、簡単に稼げたのに・・

 

これは、悪質な塾やコンサルが原因だったと思います。(悪い話しか聞かないです。)

 

初心者セラーに致命傷をあたえたのが、2016年の円高だと思います。

 

100円を割り込むところまで円高が進み、ただでさえ、利益がほとんど出ていなかった人たちは、あっという間に撤退していきました。

 

今は初心者の弱小セラーはほとんどおらず、無意味な価格競争もだいぶ無くなってきました。

 

稼いでいる人と稼いでいない人の格差はかなり開き、当然ながら稼げない人はどんどん撤退しました。

 

皮肉なことですが、実は『今』こそ、弱小セラーが勝てるのに・・と思っています。

 

強いセラーが幅を利かせていることは確かですが、セラー自体は少ないので取りこぼしている商品もたくさんありますので、利益差がある商品は見つけやすいです。

 

今、為替は、110円前後で、ここ数年では真ん中ぐらいの水準です。

 

このくらいで慣れておけば、少々の円高でも耐えられますし、逆に円安にいけば、大きく利益は伸ばせるでしょう。

 

あのとき、全然稼げなかったという人も今一度チャレンジしてみるのも良いかもしれませんね。

 

『もう一度アマゾン輸出やってみようかな』、という方は、お気軽にご連絡ください。

 

メール:info@fukugyoumaster.com

 

何かのお役に立てると思います。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る