アマゾン輸出でツールは結局役に立たない?

アマゾン輸出でツールは結局役に立たない

こんにちは。アマゾン輸出の今井です。

私は4−5年、アマゾン輸出で安定的に稼いでいますが、ほとんどツールは使いません。

*ここでいうツールとは、アマゾンへの自動出品や自動で価格差のある商品をリサーチするツールです。手動のモノレートなどは使います

アマゾン輸出イコールツールと考えている方も多いと思います。

稼げないアマゾン輸出塾のうたい文句は、『リスクなし』『1日5分で月収100万』とよくアオっていますが

その根拠はツールです。(大金を払って)塾に入った人だけが使えますよ、といった具合に。

『このツールがあるから』と聞くと万能のような気がしますね。

なるほど、『リサーチなどの面倒な作業はツールがやってくれる。』『自動的に儲かるものを探してきてくれる。』という希望的観測が生まれがちです。

では、その塾で提供されたツールで私のように何年間も稼ぎ続けられた人はいるでしょうか?

何年もの間ツールで稼ぎ続けた人はほとんどいないと思います。

不思議ですね。なぜでしょう?

アマゾン輸出でツールがダメな理由

アマゾンはかなりの頻度でシステムを変更します。ASINの変更も度々あります。

(アマゾン側で、わざと頻繁にシステムを変えツール対策をしているような気もします)

もし、ツールを使おうとすると、かなりの頻度でメンテナンスが必要です。自分でシステム開発ができて、自分で自前のツールをつくれるくらいの腕があれば、自分で作ったツールをメンテナンスしながら運用するという事もできるでしょう。

恐らく、塾中はなんとかするにしても、塾が終わればツールのメンテナンスは行われないようです。

運営側も頻繁なメンテナンスは割に合わないでしょう。

さて、メンテナンスが行われないツールを使うとどうなるでしょうか?

バグが頻発し、バグが起きた時に利益どころか、損失を抱えます。

全体の10%程度のバグならいいのでしょうが、何度も損失を出しながらアマゾン輸出をしていると精神的に辛くなります。

 

詐欺出品の価格がツールを混乱させる

また、最近もあったようにアマゾンでは詐欺出品が流行っています。詐欺出品者は異様に低い金額で出品しています。

多くの無在庫用のツールは、日本のアマゾンとアメリカのアマゾンの価格差を比べ、

利益が出る商品を自動的に出品するものですが、詐欺出品価格をツールは見破る事はできません。

普段、上手くいっていても今回の大量詐欺出品のような事がおこるとたちまち思わぬ損失を抱えてしまいます。

バグの可能性を考えると短期的に稼げても、長期間安定的に稼げそうにもありません。これが私がツールを使わない理由です。

そして、もっとも大きな問題は、ツールに頼っているとなにも学ぶ事ができず、成長できないのです。

ツールに頼るといつまでたっても自分の力で稼げるようにならない

ツールがダメになってしまったら、アマゾン輸出で稼ぐ事ができなくなるのです。

面倒でも、一つずつ、利益が出る商品をさがしていれば、カンが働くようになったり、類似商品をさがすことができたり、自分の得意分野が形成されます。

そうして徐々に利益を積み上げる事ができるようになるのです。

上手い話はそうないんじゃないかな、と思います。

◎無料コンサルをやっていますので、もし、ご興味があればご連絡ください。

info@fukugyoumaster.com

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る