アマゾン輸出の損益分岐点は低い

アマゾン輸出の損益分岐点は低い

アマゾン輸出の今井です。

2、3年前のブームはどこへやら?と思う程、アマゾン輸出を実践している人が減ったのでは?と思います。

カテゴリー的に、競争が激しかった分野でもだいぶライバルが減り、楽になった気がします。

アカウントの削除を機にアマゾン輸出をあとにした方もいると思いますが、多くのアマゾン輸出者が『儲からない』と思い、アマゾン輸出ビジネスから離れたようです。
一方で新規で参入してくる人もいます。

始めて2ヶ月で月商30万円オーバーの新規参入者

北陸にお住まいの方で2ヶ月前程に私のブログから、発送代行のサービス会員になってくれた方がいるのですが

2ヶ月目にして驚くべきペースでFBAに出荷しています。、最近開業届を出したそうで、非常に勢いがあります。

せどりと呼ばれる国内転売やバイマを始めとする欧米輸入、中国輸入と私はあらゆる物販を経験していますが、アマゾン輸出が一番楽に稼げます。

損益分岐点を考えたとき、極めて低いんですよね。

アマゾン輸出は損益分岐点が低い理由

それは、消費税還付がうけられる点が非常に大きいです。

仕入れた時点で仕入れた額の8%の利益がほぼ確定しているなんて、他の物販にはあり得ない事です。

つまり、あとはトントンでもお金が残ります。

輸出ではebayもありますが、爆発的な売上をあげられるのはやはりアマゾン輸出です。

さらに、アマゾンで仕入れするならアマテン等のギフト券利用して購入すると8%程やすく仕入れができます。

https://goo.gl/qQmGU5

日本は世界で稀に見る輸出するモノが溢れている国

ご存知の通り、ものつくり大国である日本の商品は世界がうらやむ品質の高さです。

さらに、ゲーム、アニメや漫画のコンテンツが充実しているので、

輸出しやすい消費材という点を考えると、最も恵まれた国と言えます。

モノの値段は国によって異なりますが。車は日本、原油はアラブ諸国、ブランド品はヨーロッパというように、作っている国が一番安いのです。

日本には、海外の人がほしがる、安く品質の良いものがたくさんあるのです。

これだけの好条件がそろっていて、アマゾン輸出をして儲からない、というのは逆に不思議に感じます。

儲からない理由は、送料が高いとか、悪質な塾に入ってしまった、とかだと思いますが、アマゾン輸出は正直大金を払って教えてもらう程のことはほとんどありません。

無料コンサルをやっていますので、もし、ご興味があればご連絡ください。

info@fukugyoumaster.com

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る