アマゾン詐欺多発で、アマゾン輸出無在庫とツールの限界

もう一般にも認識されつつある。アマゾンの詐欺出品。

何週間か前から、物販界隈では話題になっています。

もうヤフーニュースなどでも報道されています。

(TVがないのでTVではどう取り上げられているのかわかりませんが)

知らない方も少ないとは思いますが・・

念のため。

中国人と思われる詐欺団(とても一人ではない数)が不当に安くアマゾンで販売し商品を送らないという手口です。

値段は半額ぐらいの場合と、少し安い程度で最安値にしている場合もあるようです。

アカウントは自分たちのものでなく、休眠アカウントを乗っ取っているようです。

その証拠にそのような詐欺を行っているアカウントは最近の評価が無く、もしくは悪い評価だけ(

もう詐欺に使われているので)

おそらく、アカウントを閉じられる前に振込先も変えて振り込ませるんでしょうね。

 

さて、この事件でもっとも被害を受けるのはアマゾンです。

(購入者にはアマゾンから返金される)

ただ、販売者も地味に打撃をうけている人たちがいます。

ツールをつかって最安値に合わせているような人たちですね。

詐欺集団の価格に合わせて下げてしまった人もいるでしょう。(大赤字です)

多くのツールには最安値に合わせるけど、これ以上は下げない、という設定はあるのでそこまで

被害は大きくなかったかもしれません。

 

ところが、アマゾン輸出、ebay輸出実践者の中には

日本のアマゾンの価格(日本のアマゾンから仕入れる前提で)に合わせて

無在庫でアメリカアマゾンに出品していたり、ebayに出品している人も多いのです。

当然、詐欺師の価格では手に入れることができなくなり、キャンセルするか、赤字で仕入れなければならないのです。

被害はこちらの方が大きいのではないかと思います。

まずは、ツールを止めるということになると思いますが、それをいつ再開できるのか。

この騒ぎがおさまるまで当分、無理そうですね。

 

私はツールは信じない派なので、今回は無傷です。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る