ホリデーシーズンによく売れるのはわかったが高く売れるのか?

こんにちわ。アマゾン輸出の今井です。

今日も、ホリデーシーズンの話題です。

複数のコンサル生から、ホリデーシーズンに売れるのはわかったけど

売値は高くなるの?

という質問を受けています。

これは、答えづらいところなんですが、ライバルによるというところでしょうか。

ホリデーシーズンに入ると、アメリカのお店はなんでも大セールをやります。

なんでもビックリするほど安くなります

買う方ももうバカみたいに買います

お祭りでワッショイ、ワッショイ状態なのでおそらく値段なんてあまりみてないんでしょう。

欲しい物があったら買うという状態です。(その分、返品も多いのですが)

なので、出品者が自分しかいないなら、通常月より高くても売れます。

ただ、ライバルがいる場合は、ライバルがそのままの値段にしていれば

当然安いほうから売れていくので、自分の商品は後回しになってしまいます。

では、ホリデーシーズンでは、売上もあげて、値段もあげるとは難しいのでしょうか?

そうとも言い切れません。

ライバルの在庫がはけてしまえば、他に安値で売る人がいなくなるので

必然的に高くても売れるようになります。

ただ、この読みはなかなか難しいのです。

特にアマゾンが大量に在庫を持っていたり、

個人ではなく大手の会社が湯水のように在庫を持っていれば

いくら待っても自分の番にならずせっかくの売上も伸ばせなかったりします。

ライバルがいつ玉切れをおこすのかを読むのですが

これを正確に読めれば普段より高い価格で売ることも十分可能です。

イメージとしては、ブラックフライデー(ホリデーシーズン初日)はすごい売上になります。

まずこの波にのるかこの波をスルーするかを判断します。

安値で出しているセラーの商品が一気に売れます。

この波にのるのであれば自分もここで売ってしまうのがいいと思います。

 

rankinge

 

昨年のホリデーシーズンの価格の変化を見てみましょう。

上記のグラフを見るとわかりますが、number of sellers (セラーの数)が

減るにつれて(在庫がなくなっていくにつれ)

lowest price(最低価格)が上がっていっています。

これはあくまで理想的な形でこのように、キレイに反比例するとは限りませんが

いかに、ホリデーシーズンに売れ行きが良いかがわかるとおもいます。

ちなみに、『売れてる割にランキングは変わらないぞ?』と思った方も多いと思いますが

それもそのはず全体的に売れるので、他のランキングも同時に上昇します。

ランキングでは読みにくいんですね。

例えば、ランキングは同じ10万位なのに、10月に10個売れていて

12月に20個売れるという事は全然あり得ます。

もしかしたら、『何万位なら月に何個売れるな』という判断をする方もいるかと思います。

私もそうです。

でも、それはあくまで普段の月で、ホリデーシーズンにはいるとその計算は全然通用しなくなるのです。

 

安値セラーが一気に抜けてしまうと、必然的に値段はあがります

最初の波をスルーできた人は、ここで高値で売ることができます。

ただ判断によっては、うまく高値にならずに、売れ残ってしまうということも考えられます。

このサジ加減がむずかしいのです。

もう一つ、とりあえず在庫は最初の波で売り切ったのを見て

値上がりを見越して追加で仕入れ、FBA倉庫に送るという方法ですが、これも少し注意が必要です。

通常、納品までに1週間ほどでできるところが、この時期はFBA倉庫も大混乱しています。

納品までに2週間、3週間平気でかかる場合があります。

クリスマスまでは売れますのでクリスマスまでに納品できるようであればいいですが

よく注意して再納品しましょう。

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る