副業輸出で、Amazon ebay の次はネットショップ?

 

Amazon ebay の次はネットショップ?

副業輸出でアマゾン、ebayの次の第三の販路として、ネットショップが有望ではないか、と言われています。

アマゾンがサスペンドのリスクがあり、ebayでは、リミットがあって

売れるまで時間がかかる、となると、悪くない判断のように思えます。

海外ネットショップのメリットですが・・

・プラットフォームに依存しないですむ

・顧客を囲い込める

・プラットフォームに手数料をしはらなくてすむ

・評価等きにしせず、堂々と無在庫出品が出来る

・自分の資産として長期運用できる

ただ、
問題はプラットフォームを使わない全てのネットビジネスと同じく、集客(アクセス)です

私もいろいろ情報を集めているのですが、

facebookや、ブログや、メルマガなどで、集客するというのですが、それは全て英語で書かなければいけないので、なかなか容易ではなさそうです。

そうなると、いままでebayで取引したお客さんのpaypalのメールに、メールをだして集客という事になるかと思います。

しかし、そうなると、ebayで相当な売上を上げている事が、条件になってきます。

ebayなしで、いきなりネットショップは厳しそうですね。

Videotape cassette on wooden rustic background

ebayのお客さんにに売るとなると、当然お客さんはebayと比べて、安ければ・・ということになるでしょう。

確かに、ebayに支払う手数料くらい安くできると思いますが、その程度でしょう。

顧客の立場になっても、ebayより10%程安い程度なら、ネットショップよりebayの方が補償等も含め、安心しそうです。

そうなると、わざわざ海外ネットショップを作る事に、それほど魅力がなくなってしまいます。

Spring Irish Sheep - Cooley Peninsula - Ireland

それでも、ネットショップを選んでくれるかは、それ以上の顧客との関係を構築する必要がありそうです。

実は、わたしも2013年頃、bigcommerce というネットショップをやっていましたが、残念ながらまったく売れませんでした。

アクセスを集められなかったからです。

今なら、もう少しアクセスを集める自信はあります。

それでも、お金をかけて広告で集めるか

もしくはブログやFacebookなどのSNSで地道に集めるか、(その為の労力、時間は相当覚悟しないといけない)

ebay販売と比べて、その労力にに、見合うかどうかは、それぞれの気持ち次第ですね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る