アマゾン輸出に関係ないけど、なぜ日本は発展してアフリカは発展しなかったのか

<<何故、日本は発展してアフリカは発展しなかったのか>>

 


・何故、日本は発展してアフリカは発展しなかったのか。


・他文明間の交流なくして、発展なし


・ビジネスを発展させるのは、他業種との交流が有効 

 

こんにちわ。アマゾン輸出の今井です。

最近、中東問題等の遠因が当時のヨーロッパの植民地政策にあると報道されています。

当時、ヨーロッパは、圧倒的な武力と技術力で、アフリカや南北アメリカの原住民を支配していきました。

銃や外洋を渡る船や、馬や鉄を持っていたヨーロッパ人に対し、原住民の文明は石器時代程度だった場合も多かった訳ですから無理も無い話です。

なぜ、これほどの発展の差がついてしまったのでしょう。

日本や、ヨーロッパが発展し、南米やアフリカが発展しなかったのは、文明間の交流の有無だったと言われています。

横に長い形のユーラシア大陸は文明間の人々の行き来が比較的容易だったと言われています。また緯度もある程度限られていたので、作物や家畜の入手もそれほど難しくはなかったようです。

貿易や戦争を通じて文明間の交流があったので、他の国で発明された技術は遅かれ早かれ、別の国にも導入されたでしょう。こうして文明間の交流を通じて進んだ国に引っ張られるように発展する事が出来た訳です。

対照的に、縦長にしたアフリカ、南北アメリカ大陸は、大自然も多く人々の往来が困難で文明間の交流もままならず、また縦長であることから、北にある作物を南に持ってきても育たない、という事がよくあったようです。

ユーラシア大陸の最東端である日本にも、古代より主に中国から多くの技術や知識が入っていました。

稲作、鉄、紙、漢字、仏教、建築法、政治システム、漢字などです。江戸時代に鎖国をし、発展のスピードはおそくなりますが、江戸末期から猛烈に西洋の技術、文化、知識を吸収しようとします。

わずか、数十年で西洋のレベルに追いつき、西洋文化や技術を拒否した中国や朝鮮を植民地にします。

『他文明間の交流なくして、発展なし』ということが歴史的にも証明されているわけですが、ビジネスにおいても同じような事が言えるのかな、と最近思っています。(えらく長い前振りだった)

わたしは現在、中国で作った商品をアメリカで販売しようと考えていて、その為に中国輸入のプレーヤーと最近仲良くさせてもらっているのですが、すごく勉強になったり、気づかされる事が多いです。目から鱗が落ちまくります。

Amazonのページ作成、無在庫販売の仕方、外注の使い方、発送の仕方、OEMについて等、輸出と輸入では、まったくやり方が違ったり、そもそも発送が違ったりします。

同様に、せどり(国内転売)の人と話したり、セミナーに参加しても気づきはあります。

輸出プレーヤーの中では考えられなかったような知識を得ることができたり、応用して輸出に使う事ができたり、今やっている事と組み合わせて、新しいノウハウを生み出したりする事が出来ます。

これは、輸出プレーヤー同士がいくら話し合っても出てこないようなことです。

発展の為に、他文明(他業種)との交流はかなり有効だと思います。

____________________________

■編集後記
____________________________

今日のメルマガ、途中で誤って消してしまいました。

そのため、だいぶ内容がかわりました。

この、徒労感はなかなか応えます。

____________________________

~アマゾン輸出で月10万円稼ぐ方法~では、これから副業を始めようとする皆さんに
役立つ情報を提供できればと思っています。
ご感想・ご意見は、お気軽にご連絡くださいね♪
では、また次回お会いしましょう!!
___________________________________

アメブロ「~アマゾン輸出で月10万円稼ぐ方法~」
☆発行責任者:今井涼
☆ホームページ:http://fukugyoumaster.com/wp/
☆登録・解除:http://www.mag2.com/m/0001634364.html
☆メール:info@fukugyoumaster.com

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る