アマゾン輸出でスランプというか、全くやる気がなくなったときにやる事

<<アマゾン輸出でスランプというか、全くやる気がなくなったときにやる事>>

 

・モチベーションが下がる季節

・『やる気』が無いときに何をするべきか

・『やる気』を取り戻す最上のクスリとは 

 

こんにちわ。アマゾン輸出の今井です。

1月後半や、2月というのはモノが売れない時期ですね。

アマゾン輸出の方も、あれほど売れたホリデーシーズンのカウンターを受けているのではないでしょうか。

普通に考えて、半減しているかもしれませんね。

ウチの会社もそんなもんです。売上が下がると、同時に下がるのはモチベーション。

特に、この時期は燃え尽き症候群も入ってきます。

11月末から始まったホリデーシーズン、12月には過去最高売上を記録して、いい気持ちで新年をむかえ、『今年は売上を倍にするぞ』とか

『今年は新しいビジネスに挑戦しよう』あるいは『メルマガ書くぞ』とか多くの人はそれぞれの目標を掲げて、多くの人が意気揚々と1月をスタートしたと思います。

みなさんの目標は壮大だったり、ささやかだったりするかもしれないけど1つ言える事は、誰しも過去の売上を下回る事はあまり考えていないと思います。

ところが、『あれあれ?先月の売上の半分しか売れてないぞ』となって焦りつつも、『ホリデーシーズンはあんなに働いたしな。少しはゆっくりしよう。』という誘惑もささやいてきます。

そんなことを考えているうちに、やる気がなくなってしまうのです。

すごくわかります。私もそうですから。

1年を通して安定した売上、利益を出す為にそういった期間は極力少なくするべきです。

ビジネスを一人でやっている人ほど、そういう状況に陥り易いかもしれません。

従業員がいたり、外注さんがいれば、周りの目が合ったり、嫌でも指示を出さなければいけなかったり、『やるきのセーフティネット』みたいのがあるのです。

それからもちろん、自分がやる気が無くて死んでても、周りの人が動いてくれるという仕組みができていれば、ビジネスが勝手に回って、損害も最小限に抑えられます。

そういう意味で、一人でビジネスをしている人は、見張り役としても、そういう人を雇ったり、やらざるを得ない環境を作るのも良いと思います。

さて、やる気がなくなったとき、モチベーションが戻ってくるまでの過ごし方ですが、

私は、本を読んだり、新しいビジネスを検討したり、セミナーに参加したり、自分の知らないビジネスをしている仲間を作ったり、海外に行ったりします

そうやって、自分の中で、かつては脳内麻薬のように沸々とわいていた『やるき』が戻ってくるのをまっているのです。

やる気の無いときに、無理矢理やるのもストレスを感じますが、少しずつ、やらなければいけない事を始めます。

10品だけ登録するとか、レシートをまとめるとか、新しい外注さんを募集してみるとか。

で、『結局、自分がやる気になる一番のクスリは売上だな』と思います。

売上があがれば、やるんですよ。嫌でも。それがまた売上を呼び、またやる気がでる。

こういう好循環が最高ですね。ホリデーシーズンなどは多くの方がこの好循環を体験したと思います。

これを毎月出したいですね。

なので、やる気が無い時は、2ー3ヶ月後に売上が上がるような事をするのがベストなのかな、と思います。

____________________________

■編集後記
____________________________

格安SIMで、テザリングするのが、ネットをつなぐのに一番安いかな、と思って昨年からいろいろ試したけど

やはり安いだけの事はあり、けっこう遅いんだよな。

ドコモ系のSIM回線は、込み合っているんだって。

____________________________

~アマゾン輸出で月10万円稼ぐ方法~では、これから副業を始めようとする皆さんに
役立つ情報を提供できればと思っています。
ご感想・ご意見は、お気軽にご連絡くださいね♪
では、また次回お会いしましょう!!
___________________________________

アメブロ「〜アマゾン輸出で月10万円稼ぐ方法〜」
☆発行責任者:今井涼
☆ホームページ:http://fukugyoumaster.com/wp/
☆登録・解除:http://www.mag2.com/m/0001634364.html
☆メール:info@fukugyoumaster.com

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る