マイナンバー制度と副業

 

<<マイナンバー制度と副業>>

・マイナンバーで経営者が気をつけなくてはいけない事。

・マイナンバーの本当の狙い?

・あなたのプライバシーは既に丸裸!?

 

こんにちわ。アマゾン輸出の今井です。

 

マイナンバーは届きましたか?

 

今日は、渋谷まで税理士に会いにいってきました。

 

月に一回の面談です。結構この面談が毎月プレッシャーで、提出物(銀行の明細とか、売上のデータとか、ありとあらゆる領収書とか、1ヶ月に一度

(提出する為に)まとめています。

 

ただ、1年分ためると厄介ですからね(経験ある方もいると思いますが)一ヶ月に一度ちょっと大変くらいの方が良いかな、と思っています。

 

主なアジェンダ(議題)は今話題のマイナンバー関係でした。(詐欺に利用されたり、汚職が会ったり、今やマイナンバーをニュースで聞かない日はないんじゃないでしょうか。

 

税理士に何点か注意を受けたのですが、経営者として一番気をつけなければならないのは、従業員のマイナンバーの管理で、慎重に取り扱わなければいけないようです。

そして、キチンと取り扱わないと経営者が罪になるそうです。どこからバレるかというと、従業員の密告だろうということですので、経営者の方はキチンと管理して下さい。

例えば、メールでマイナンバーを書いてもらう事はやるな、と言われました。(直接会って口頭か、電話で教えてもらうよう、言われました。)

 

税理士のマッチングサイトを運営している社長さんとも先日話したんですが、マイナンバー関係の問い合わせが激増しているらしいです。

(本当に興味深いお話がたくさん聞ました。ちょっとここでは詳しく架けないですが、水商売関係の方がわりと焦っているようですね。経営者側もスタッフ側も。)で、結局このマイナンバー制度。

政府の狙いは何でしょう?防犯とか、年金制度の為とか、政府は最もらしい事言っていますし

疑り深い方は徴兵制の前兆じゃないか、とか管理社会の幕開けだとか、預金封鎖や財産没収とかじゃないか、とかいろいろいわれていますが

一番大きな税金をとりっぱぐれのないようにしようという事でしょう。ご存知、今日本はお金がないのです。

今まで見逃していたところにメスが入っていくのでしょう。見逃していたところってどこでしょう。

 

前述の水商売関係とか、海外への資金流出とか。。それから多くの方が関係のある副業ですよね。

銀行口座までリンクされるという事は本気で調べられたら、まったく言い逃れは出来ないのではないか、と思います。

今まで税金をキチンと支払いをしていなかった人と言うのは、なかなか厳しくなるかもしれませんね。

それどころか、過去に遡って徴収される可能性もありますね。それは政府がどのくらい本気で徴収しくれるかだと思います。

 

多くの方が心配しているプライバシーの問題ですが、実は既に全てが筒抜けです。

グーグル、アップル、アマゾン、スカイプ、YouTube、Facebookなどは個人情報のデータをアメリカ政府に提出しています。

あなたが、アマゾンで何を買って、何を売ったか、どんなサイトを閲覧したのか、どんな会話をスカイプでしたのが、Facebookからどんな交友関係をもっているのか、グーグルメールで何を書いたのか、調べようと思ったら、調べられてしまうのです。

 

 

ネットは便利ですが、実はネットによって監視されております。我々はそんな社会を生きているのです。

____________________________

■編集後記
____________________________

コンサルのクライアントさんに第二子が誕生しました。

いや〜めでたい。本当にうれしいです!

____________________________

~アマゾン輸出で月10万円稼ぐ方法~では、これから副業を始めようとする皆さんに
役立つ情報を提供できればと思っています。
ご感想・ご意見は、お気軽にご連絡くださいね♪
では、また次回お会いしましょう!!
___________________________________

アメブロ「〜アマゾン輸出で月10万円稼ぐ方法〜」
☆発行責任者:今井涼
☆ホームページ:http://fukugyoumaster.com/wp/
☆登録・解除:http://www.mag2.com/m/0001634364.html
☆メール:info@fukugyoumaster.com

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る