<<ツールの自動価格改定にご注意>>

 

<<ツールの自動価格改定にご注意>>

 

こんにちわ。アマゾン輸出の今井です。

 

ツールを使って、価格をライバルより少し下げて、カートを確保し続けるというのは、回転率を上げる為に、非常に有効だと思います。

 

ただ、赤字にならない程度に、赤字ストッパー(ツールによって呼び方は違うと思いますが)はきちんと設定しましょう。

 

価格競争が激しくなったアマゾン輸出では、赤字覚悟で投げ売りしているセラーもいます。

 

仕入れ金額以下に下がってしまい、事故で赤字になってしまう事もたまにはあるでしょう。

 

それはそれで仕方の無い事かもしれません。

 

ただ、自動価格改訂ツールを使っているセラーを狙って、故意に価格を下げて、刈り取るという事があるそうです。

 

狙ったセラーの出品商品と同じ商品を出品して、ドンドン価格を下げていきます。

 

ストッパーを掛けていないので狙われたセラーの商品は仕入れ以下の金額になってしまいます、そこで自分で買ってしまうそうです。

 

この話は、国内でせどりをしている人の話でしたが、アマゾン輸出でも自動価格ツールを使っている方はぜひ気をつけてください。

 

面倒でも、必ずストッパーは設定しましょう。

 

それにしても、その話を聞いたとき、かなりの憤りを感じます。

 

ストッパーを掛けてない方が悪いんでしょうが、そこまでやりますかね?

 

 

 


人気ブログランキングへ

 
____________________________
■編集後記
____________________________

今日事務所に来てくれた友達が、パンをくれました。

事務所を持って良かった点は、気軽に多くの人が訪れてくれる事です。

秋葉原から徒歩圏内というのがよかったかもしれません。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る