せどりとアマゾン輸出の相性

 

相性

 

 

こんにちわ。アマゾン輸出の今井です。

 

何人かにアマゾン輸出を教えていて、比較的早くに成功に近づく人たちがいます。

 

国内せどりを経験した事のある方です。

 

私は常々言っているのですが、アマゾン輸出は、せどりの延長線上にあります。

 

国内せどりの方が、アマゾン輸出よりずっと利益がでる商品を見つけるのが難しいです。

 

国内せどりで、実績が出せるのであれば、アマゾン輸出で成功する可能性はかなり高いと思います。

 

やはり、商品は海を越える事で、一気に価値が上がる場合が多いのです。

 

国内ではアマゾン手数料等の関係でわずかしか利益が出ず、仕入れを諦める商品も、アマゾン輸出では十分な利益が確保できる場合もあります。

 

また、前回書いた通り、米国アマゾンのシステムは、日本のアマゾンと登録の仕方や管理画面の見方、ルール等が、ほぼ同じです。

 

リサーチ方法、利益が出る商品のアプローチ方法も国内での応用が効きます。国内セドリで得た商品知識等もそのまま使えます。

 

そのため、国内セドリをやっていた人は、かなりスムースに米国アマゾンでも売上を伸ばす事ができます。

 

逆に、せどりを経験していて、アマゾン輸出に参入しない方は、『もったいないな』と感じます。

 

ライバルとしては、脅威なので、こちらとしてはありがたいですが・・・。

 

私のネットコンサル生も国内せどりをやりながら、アマゾン輸出の売上が3ヶ月程で、300万円を超えました。利益率は20%程ではないかと思います。

 

彼も、国内せどりをしながら、アマゾン輸出をしているのですが、国内せどりのついでに、アマゾン輸出向けの物を仕入れたり、国内では差額がでないけれど、米国アマゾンでなら、大きな利益になるものも見つけやすいそうです。

 

収入源を増やしたいセドラーの方で、もっとも相乗効果期待できるのが、アマゾン輸出ではないでしょうか。

 

____________________________
■編集後記
____________________________

 

秋葉原で飲んでました。金曜日だった為かどこも混んでいました。

最初に入った中華料理店が、料理が遅い上、思いのほか美味しくなく、早々に会計し

次の店に行きました。(スタッフは親切そうな人だったんですが)

仕入れの為、たまたま秋葉原に来ていた2人の仲間と落ち合えたのはラッキーでしたが個人的には、いろいろと反省する日でした。

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る